カフェスタイル学習塾 POLARIS

Message 『なりたい自分になるために』
学習塾 POLARIS なりたい自分になるために

私たちが生きる現代。
ITやAI(人工知能)は急速な進化を遂げています。
生活が便利になる一方で、これまで人々がしてきた多くの
仕事をAIやITが代わりに行なっていくようになります。
また、少子化は止まることなく、若い人材がこれからの
社会でより活躍することが求められています。
さらに、新型コロナウィルスの影響もあり、世界はこれまでの日常から変わらざるをえなくなりました。

今、私たちはこういったとても大きな時代の転換期の中で生きています。

そうした時代の中で、自らの夢をかなえ、なりたい自分になるためには、一体どういった力が必要でしょうか?

それは、物事を受け身で覚えていくのではなく、「自分で課題を見つけ、答えを求めていく力」・「自ら学ぶ力」。
これらを身につけていく必要があると私たちは考えています。

POLARISは、「自ら学ぶ時間をつくる学習塾」です。

自身で学習計画を立てることや分からない問題を自ら調べて解くという小さな成功体験を積み重ねます。

自分らしく学ぶことをぜひこのPOLARISで覚えてください。

そして、将来、社会に出た時、大学に行った時に、ここで培った力ををぜひ発揮してください。

時代が大きく変わろうとも揺るぎのない「自分」を持つことを。

全ては、「なりたい自分」になるために。

カフェスタイル学習塾POLARIS
奥村優樹・岩本博志


学習塾 POLARIS なりたい自分になるために

POLARIS Member’s
ポラリスのメンバー


奥村 優樹

奥村 優樹 Profile / 株式会社STARRY SKY 代表取締役
広島大学工学部卒業

学生時代より塾業界に魅力を感じていたが、周りのすすめもあり大学卒業後、造幣局にて勤務する。
造幣局では順風満帆であったが、塾業界への未練を断ち切れず造幣局を辞め独立、学習塾の運営を開始する。
その後、個別指導塾の教室の立ち上げマネジメントから複数の学習塾まで展開を広げ、経営者として運営し、合格実績や生徒数で地域でも有名な教室にしていく。
また、受験コンサルタントとして偏差値30台やE判定の生徒を次々と難関大学に合格させていく実績を積み上げてきた。
塾経営として成功の道を歩む中、心の中に違和感を感じ、生徒自身が自ら能動的に学ぶ新しい塾の企画構想を立ち上げる。
「学びの本質とは何か」という問いに対して、適切な参考書を自身でやり切る力、学習計画を自ら立てられる力を育める塾を作ることを決心。授業をしなくても、生徒自らがやる気を持ち学習成果を伸ばす独自の学習プログラムを開発した。
そして、その学習プログラムを駆使し、生徒が勉強をする目的や学習習慣を身につける学習塾として、カフェスタイル学習塾POLARISを開塾する。



岩本博志

岩本 博志 Profile / 株式会社STARRY SKY 本部長

就職後、自身で学費をため立命館大学に入学、社会人学生となる。社会人学生時代は夢を追いかけることに集中していたことから学費が支払えずほぼ単位満了で同大学を止むなく中退。
これまで百貨店販売員、エンタメ業界でのダンスディレクター、国会議員公設第一秘書、地域公共人材開発機構、NPO法人未来地域創造推進機構副理事長、産業機ドローン・AIやビッグデータを活用したSFAアプリの法人新規営業、京都府庁の人材研修担当など産官学民のセクターをまたぎ、様々な組織や職場環境で幅広い事業を経験してきた。
京都産業大学学長室所属では、NPO法人グローカル人材開発センターへ出向しプロジェクトマネージャーとして、同センターの立ち上げから、学生の人材育成、産学連携アクティブラーニングの開発を5年半担当。100名以上の学生たちへ自身の就業経験や仕事観を語り、親身に実践型学習を企画、実施する。
他、現在では、昭和40年から続く病児保育のNPO法人理事として、また小学校での「PTAを考える会」委員長としても活動をしている。 そして、塾経営への内なる熱い思いを持つ奥村との出会いから、意気投合し塾業界へ飛び込み、カフェスタイル学習塾POLARISの設計、開塾全般に関わる。
これまでの多様な新規事業を手がけてきた経験を活かし、POLARISでは、「学ぶ(働く)環境が勉強(仕事)のモチベーションに影響する」という仮説を立て、学び甲斐のある学習環境づくり、働き甲斐のある職場環境づくりを手掛ける。 生徒たちには、自信を持つことや、また多様な生き方・働き方を伝えるべく、自ら学ぶ力を養える学習環境の構築を目指す。

Contactお問い合わせ
ページトップへ戻る