カフェスタイル学習塾 POLARIS

【古川橋教室】デザインコンセプトについて


古川橋教室がとうとう完成いたしました。
3月31日にプレオープンとなり、4月1日から本格稼働となります。
守口教室同じく「地域に愛される学習塾」を目指してまいります。

古川橋教室のコンセプトは、「デザインアート・開放感・バイオフィリア」です。

まず大きく目に付くのは、壁面アート。
ペイントアートで活躍している宇都宮涼子さんに描いていただきました。


宇都宮涼子さんのプロフィールはこちらから↓
https://ryokoutsunomiya.tumblr.com/


壁面一面を使い、アインシュタインの名言やソクラテスなど「学び」や「学問」をテーマにしたワンポイントアートが散りばめられている作品です。

また本作品制作には、宇都宮さんの知人のお子様にもゲストアーティストとしてご参加いただきました。あらためて子どもは本当に最高のクリエイターだと思いました。

宇都宮さん、知人のお子様、作品制作を手がけていただき本当にありがとうございました!


次に、窓面についてですが、古川橋教室はビルの3階で窓が多くある教室であり、1階からも良く見える位置にあることから、窓面シートデザインにこだわりました。

一般的には白地にロゴなど全面的に押し出すのですが、ベタ塗りは圧迫感が出るため、半透明にして景色が薄く見えるようにしました。そして、生徒の勉強が捗る精神的な効果が期待される色に絞り、”集中力を高める青色”、”発想力を高める黄色”、”リラックス効果の緑色”を立体的にレイアウトするようにしました。

また、このデザインは1階から見れば、窓面一面がまるでアート作品のように演出されます。古川橋のランドマークとして、歩いてふと見てみると「なんかあれいいね!」と思っていただける、そんな窓面にしたい思いがありました。


そして、教室内の「植物」について。
守口教室もそうですが、古川橋教室においても360度どこを見ても緑が目に入るように配置しています。

バイオフィリックデザインという言葉をご存知でしょうか?
人間には先天的に「自然を好む性質=バイオフィリア(biophilia)」が備わっています。
例えば、森を歩くだけで癒されたり、雨音や鳥のさえずりを聞くだけで心が落ち着いたりするのは、私たちが生まれながらに持っているバイオフィリアの作用によるものです。
「バイオフィリックデザイン」とは、人間中心に考えられるデザイン原理の中にバイオフィリア仮説を適用し、緑を配置することで「自然のつながり」を向上させるものです。

近年、職場やオフィスなどで取り入れられていますが、勉強疲れから生徒たちに見えないストレスがたまりかねない学習塾においても、バイオフィリックデザインの要素を取り入れる事で生徒たちのストレスを少しでも軽減し、元気を取り戻し、集中力を向上させる事を期待しています。

教室内には、大きな「フィカス・ベンガレンシス」が居ます。この木は、別名「望みを叶える木」として知られています。ここに通う生徒たちの個別の望み(受験合格、成績アップなど)を叶えて欲しいと思います。

古川橋教室は、守口教室同様、私たちは教室にとても思いを込めています。
日々机に向かう場所だからこそ居心地良く自習できるように、当塾チーフ、コーチ長の私もペンキを塗ることなどからはじめ、内装施工から一つ一つ全てに関わってこの教室を作り上げました。

まさに、ここで学びたいと思える学習環境、また、落ち着いて居心地良く勉強できる学習空間、そして、ここで働きたいと思える職場環境としても、古川橋教室を運営してまいりたいと思います。

古川橋教室は4月1日から正式オープンとなります。(定休日 木曜日・日曜日)
教室見学は開いておりましたらいつでも可能です。
嬉しいことにすでに数名の入塾者が決まりました。
現在、新しい学習塾を探されているなら、ぜひ一度、新しく完成しました古川橋教室へお越しいただければ幸いです。

カフェスタイル学習塾 POLARIS|ポラリス