カフェスタイル学習塾 POLARIS

マレーシアサインズ大学で学んだこと。勉強は人生を豊かにしてくれる。


久保田有紗 コーチ
龍谷大学国際学部グローバルスタディ学科
◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎

それではコーチインタビューをはじめます。まずは自己紹介をお願いします。

久保田有紗です。龍谷大学国際学部グローバルスタディーズ学科を卒業しました。

久保田コーチはPOLARISのコーチの中でもとても国際色豊かなイメージがありますね。

母がホンジュラスで、父は日本人です。英語、スペイン語、日本語の3ヶ国語を話せます。

龍谷大学に入ろうと思ったきっかけを教えてもらえますか?

国際的な学びを進めたいこともあって、龍谷大学の国際学部グローバススタディーズ学科は、卒業要件に留学とTOEICの資格取得、また上回生になれば英語の授業がメインになることから選びました。

高校生の時、受験勉強はどのようにしていましたか?

塾に通い、英語と現代文を受けていました。世界史だけは自分で学んでいました。

留学はどこに行かれました?

大学生活の中で2回行っています。1回目は、2回生の5月〜9月で、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校で提携留学です。

2回目は3回生の9月〜4回生7月までマレーシアのペナン島にマレーシアサインズ大学に交換留学で行きました。

留学経験豊富ですね!マレーシアサインズ大学ではどのようなことを学んでいましたか?

社会科学系の専攻していました。具体的な講義としては 「ジェンダー論」や「第三世界のイデオロギー」、「マレーシアの歴史」「犯罪学」など受講していました。

中でもどの講義が好きでしたか?

「第三世界のイデオロギー」「マレーシアの現在と歴史」です。

この授業は卒論のテーマにもなりました。

どうしてこの講義を好きになりましたか?

世界の多様性を学べたからです。たとえば、植民地としての歴史は今もその傷跡があり、発展途上国にかかる問題点もとても勉強になりました。

たとえば、クアラルンプールにある2つのとても高いビル「ペトロナスツインタワー」は発展途上国ではないというステータスとしての意味合いもあることなどあります。

また、多様な人種にかかることも学びました。これらは日本の大学では学べない貴重な経験だったと思っています。

マレーシアサインズ大学を選んだきっかけは?

2回生の時のアメリカ留学では、人種に関する授業を受けました。アメリカは多様性の国としてイメージがありましたが、人種の違いからの争いも間のあたりにしました。そこで、さらにこの学びを深めたいことから多様性のある国としてマレーシアを選びました

マレーシアサインズ大学でのテストはどうでしたか?

筆記テストはなく、論文かエッセイで評価が決まります。

幸いほとんどの授業でAやA+をとることができました。

勉強はどのようにしていましたか?

マレーシアの中でも2番目に大きい国立大学で、難しい授業もありましたが、なるべくわからないところは、教授や友達にすぐに聞きに行き、わからないところを消化していきました。
また、私はアパートを借りていましたが、主に学校の中のカフェで勉強をしていました。

まさにカフェスタイルですね!

もし高校生の時にこのPOLARISがあれば絶対通っていましたね!

留学で一番印象に残ったことは?

ペナンから旅行に行ったことです。留学中、タイに2回、カンボジア、シンガポールに友達を遊びに行きました。ペルヘンティアンという綺麗なビーチに行きましたが、人生で見たビーチで一番綺麗でした。

留学中、困ったことはありましたか?

マレーシアではイスラム教の方も多く、宗教への理解が難しいこともありました。何気なく餃子の話をしていた時、どういった食べ物か聞かれ、豚が入っていることを伝えると「ハラル(宗教上禁止されていること)だから、あんまり言わないほうがいいよ」と言われたり、学校が国立なので礼拝堂があり早朝からコーランの大音量で起きることも。

ただ、宗教の違いなども留学経験を過ごしている内に、なんというか多様性の部分で人の違いを自分の中で認められるようになっていきました。

留学経験を今後の仕事や将来にどのようにつなげたいと思っていますか?

留学経験を活かして、将来的には海外で働きたいと思っています。国籍とか人種とかとらわれずに、人や社会に対して、自分にとっての「イイコト」を行なっていける人になりたいと思っています。

これから留学を考える学生へアドバイスはありますか?

自分がやりたいと思えることを見つけて、それができそうな場所に留学したほうが良いです。

2回生の時に行ったアメリカ留学では、自分でやりたいことがまだ漠然としかなかったので。たとえばダンスがしたいなら、それができる国、大学などへ行くことです。留学中にヘンテコな道に行ったとしても、目的があれば、戻ることができるので。

最後にPOLARISヘ通う生徒へのメッセージをお願いします!

大学を卒業して思ったことですが、勉強することは、自分の人生を豊かにしてくれると思っています。

私も高校生の時、勉強が好きだと言えば、そうではなかったとも思います。

ただ、大学に入って思想系・哲学系の授業も受けて、これは面白いと思うようになりました。

高校生での勉強はゴールじゃなくて、これから人生をよりよく生きるための通過点だと思ってほしいです。

これでインタビューを終わります。久保田コーチありがとうございました!

こちらこそありがとうございました!

interview
カフェスタイル学習塾 POLARIS|ポラリス