カフェスタイル学習塾 POLARIS

勉強はすればするほど気持ちが楽になる。受験だからといって気負いすぎないように。


金城大樹コーチ
京都大学工学部地球工学科1回生
◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎

それではコーチインタビューをはじめます。まずは自己紹介をお願いします。

金城大樹です。京都大学工学部地球工学科1回生です。

高校はどこに通われていましたか?

常翔学園高等学校のスーパーコースに通っていました。

中学の時、塾は通っていましたか?

中学生の時は、実は勉強は無縁で野球メインでした。

中学での野球の思い出はありますか?

はい、クラブチームでセカンド、副キャプテンをしていました。試合ではシニア大阪3位までいき優勝できなくて悔しい思い出があります。

その時、高校受験についてはどう考えていましたか?

野球でいくか勉強でいくかとても迷いましたが、後々のことを考えて勉強を選び、中3夏から塾に通いました。

その時の塾はどうでしたか?

厳しすぎることもなく、とても良い塾でした。その塾に行ってから定期テストで学内1位を取ることもできました。

高校受験をした時のことを教えてください。

常翔学園高等学校を受けた理由は、自宅から近くにあること、また早く受験終わらしたいという思いもあり、四条畷高校も考えていましたが、自分の学力範囲で合格できる高校として受験をしました。

高校での授業について教えてください。

僕の世代はiPadを使用した授業を行う1年目の世代として、高1の時からほとんどの授業でiPodを使っていました。普通の学校ではノートに書く時間を多く取っていると思いますが、僕の場合はiPadメインで、書くことよりも見て覚えて理解する時間に費やしていたと思います。

 

ほとんどの授業でiPadとは最先端ですね!他にはどのような授業がありましたか?

キャリア学習という企業探求系の授業がありました。企業ごとに分かれて、出されたミッションについてグループで調査をして案を考えて、パワーポイントで発表するという内容です。

その時はどんなミッションについて取り組みましたか?

大和ハウスさんからのミッションで、僕たちは地震が発生した時に家を浮かすという案を考えて発表しましたが、うまくまとめきれず、正直ボロボロだったことを覚えています(苦笑)

他にグループで研究したことなどはありましたか?

高2の時からは、探求学習の一環で勉強にかかわることをテーマに研究発表も行いました。テーマは何でも良くて、数学系、物理系、心理学系などに分かれて研究したいことを行う授業です。僕たちは数理系を選び「変化球」をテーマにして調査しました。

変化球についてとは面白いですね!

具体的にはウィッフルボールというカーブなど投げやすいボールを使って、ボールの曲げ方、曲がり方など調査しました。ウィッフルボールを一から作って、球の軌道などシュミレーターアプリに入れ込んだりもしました。パソコン班と実際投げる班に分かれて、横のアングルから撮影、ボール動きの軌道を調べつつ、変化球の曲がる仕組みなど大学の教授もついてくれて研究して発表しました。

面白い授業を受けていますね!では、高校の得意な科目は何でしたか?

物理です。

なぜ物理が得意になったと思いますか?

普通は公式にあてこんで覚えていくと思いますが、僕ははじめから公式で覚えるのではなくて、原理を理解していって覚えていきました。そして、原理を覚えて解けた時、楽しいと思うようになっていました。ちなみに暗記は得意でしたが、楽しくはありませんでした。化学はパズル要素があるので、それが面白いと思っていました。それもあって、数学や物理は集中しながら学ぶことができました。

高校での成績はどうでしたか?

高校の中でも、1、2、3位という順位でした。成績を落としても、みんなの前では笑うけど、プライドは高いので点数は絶対落としたくないと思って取り組みました。

では苦手な科目は?

国語です。

なぜ苦手でしたか?

幼少期からの読書量不足です。小さい時から野球ばかりで(笑)

苦手な国語はどう挽回しましたか?

高2の時の国語の先生のおかげで成績を伸ばすことができました。僕の高校では若い先生が多くて、一方的な授業は少なくて。その国語の授業では、暗記するだけでなく、班ごとになぜそう思うのかといった根拠を考えて伝えるという授業でした。クラス全員面白いと言っていた授業です。先生独自の世界観がある本当に楽しい授業でした。

かなり特色のある高校ですね!

はい。僕らのクラスは学力的にも一番上で、また同時に一番うるさいクラスでもありました(笑)。テストは良い意味まわりとの勝負で、競争心もあり、そこに先生も入ってきて一緒にテスト問題の解き合いをするなど、向上心の高いクラスにいたと思います。

高校での部活は入っていましたか?

そもそも入れません。授業が終わったらかなり遅い時間になるので。

でも、自分たちでバスケ、サッカーなどをして楽しんでいました。

高校の思い出の授業はありますか?

全部良い思い出ですけど、特に数学の授業です。担任が数学の先生だったことあり、1年〜3年生までとても親身に教えていただきました。

受験勉強はいつからはじめましたか?

高2の12月までは居酒屋でアルバイトもしていたのですが、きちんと受験勉強対策をはじめたのは、アルバイト後の高2の1月からです。

受験勉強はどのようにしていましたか?

高2の春休み前までに定期テストで使っていた参考書の復習をはじめました。そして、春休みに入ってからは入試用に参考書に入っていきました。

参考書選びはどのようにしていましたか?

基本的には先生に聞いて選びましたが、自分で納得する参考書を使いたかったので、自分でも調べてから購入していきました。

勉強はどのように考えて取り組みましたか?

僕は自分の意思が強いので、「やらなくてもいいよ」と言われても、オーバーワークと言われても、自分がやりたいと思ったら、最後までやるタイプで。自分が満足するまで勉強を続けていました。

高3になってからはどのように進めていましたか?

はじめ入試用の理科から勉強して、次に数学して、その合間に英語を覚えていきました。その時使っていた英単語帳が悪いと思ったので、高3春にシス単を買いました。そして、夏休み入る前までに毎日夜1時間は英単語の時間を割くようにして、英単語帳を全て覚えました。

どのようにして覚えていきましたか?

僕の覚え方は特殊かもしれませんが、英単語はほとんど書きません。1日1章全部読みます。見て読んで覚えます。そして、忘れる前に思い出せるようにします。とにかく忘れないように、受験が終わるまで英単語帳は見ていました。暗記科目は他も全部そうしていました。

私の高校時代の覚え方とは本当に全然違いますね。高校での最先端な学びと金城コーチ自身の特徴をうまく掛け合わせた覚え方をしていると思いました。

では、京都大学を選んだ理由について教えてください。

当時、偏差値ではいえば物理では70後半ほどあり、京大を狙える範囲にありました。そして、夏に模試があってその時、京大はC判定でしたが、その後の2つの模試受けた際には、過去問やっていなくても、両方A判定をとることができ、それで京大を受けることを決めました。

受験対策として最後の追い込みはどのようにしましたか?

夏から冬まで、過去問をやり続けました。過去問はやっていて楽しかったです。また、1回も集中を切らさずに物理を4時間以上勉強したり、綺麗な回答用紙をつくることにも没頭していました。

綺麗な回答用紙をつくるとは?

はい。僕は暗記系では書いて覚えることはあまりやりませんが、物理では白紙のA3の紙を端からきちんと回答を書いていき、それが回答で埋まった時に、綺麗な回答用紙となっているようにしていきました。その綺麗な回答用紙は数えきれないほどあります。

金城くんのそのこだわりは凄いですね!そして、いざ受験についてはどうでしたか?

センターで立命、同志社を受けて、同志社、早稲田、慶応は一般入試で受けに行きました。結果的に全て受かりました。同志社は過去問はせずに受験しました。慶応の物理は1問ミスだけでそれもケアレスミスだったので、とても満足にいく結果になりました。

そして、京大の試験でしたが、僕が受けた時は、昨年よりも100点ほど平均点が低くなるという難しい試験内容で、本番は正直焦りました。

そして、どうなりましたか?

京大の受験後、合格発表まで20日間程度あり、その時はとてもモヤモヤしていました。早く結果が知りたい思いでいっぱいでした。

長く勉強に取り組んで、結果発表まで20日間も待たされると本当にドキドキしますよね。京大合格の瞬間についてはどうでしたか?

合否がわかる前日、久々オールで遊んで昼の12時まで寝ていました。コロナの影響から見にいくことはできないので、インターネットでログインして、自分の番号があった時、嬉しくて叫びました。そして、担任先生に電話をしました。その時、落ちたと嘘つきました(笑)

(笑)一応突っ込んでおきますね!それはあかんよ!(笑)

落ちたことを伝えた瞬間、職員室が静まりかえっているのがわかったので、「すいません!受かってました!」と言いなおしたら、学校から京大に合格したのが僕だけだったこともあり、先生にとても喜んでいただけました。そして、親と一緒に学校へ報告に行った時には、クラッカーがパンパン!と飛び交って、あの時は本当に嬉しかったです。

それにしても金城コーチの頑張り、本当にリスペクトします。

今、大学1回生になってみて大学生活に望むことはありますか?

コロナで大学に行けていないので、正直、はやく行きたい気持ちが強いですね。サークルに入ったり、友達をつくったり、授業も対面で受けたいです。

最後にPOLARIS の生徒へメッセージをお願いします!

受験期は、ストレスが溜まると思うけど、ストレスのほとんどの部分は、勉強していないからたまるものだと思ってください。僕は勉強をしていたので、ストレスがたまったり病んだりすることはあまりありませんでした。1日頑張っていたので、よく眠れてもいました。勉強をすればするほど、気持ちが楽になると思ってください。だるいからしたくないとも思うかもしれないけど、逆にストレスがたまるだけです。

そして、そんなに気負う必要もないと思います。ずっと勉強ではなく、1日何時間かは趣味に時間を使うなどしてください。継続して勉強をすることは大事ですが、そこまで切羽詰まることなく受験だからといって気負いすぎないようにしたほうが良いと思います。まわりを気にしながらではなく、自分のペースで勉強を進めることだと思います。

あと、これも重要だと思うことですが、一人で勉強するかは、一緒に勉強できる友達がいたらなお良いと思います。ただ、勉強する時はしゃべりながらではなく、同じ空間で勉強できる友達が大事です。

勉強をするからこそ、ストレスがたまらないという考え方はとても大事だと思いました!

それでは、これにてコーチインタビューを終わります。金城コーチありがとうございました!

はい!ありがとうございました!

interview
カフェスタイル学習塾 POLARIS|ポラリス