カフェスタイル学習塾 POLARIS

「もし自分が生徒だったら」を考えて接することを

橋本 美沙紀コーチ 大阪市立大学 商学部 3回生

◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎

私が大事にしたいと思っていることは2つあります。
1つ目は「生徒の立場に立って考えること」です。もし自分が生徒だったらどのように接してほしいか、教えてほしいかをいつも考え、実践しています。例えば、絵が好きな子に対しては大学祭での美術部の方々のライブアートについてお話をしたり、もし誤答してしまっても責めたりせずに解答を見ながら解き方を一緒に考えて、もう一度解いてもらったりしました。
次に2つ目は「目的を持って勉強に取り組んでいただくこと」です。勉強のやる気が出ない原因は、実際にその勉強した内容が将来に活かされるかどうかが分からないからだと考えています。そのため、初回のコーチングでは将来何になりたいかをお聞きして、そうなるためにはどんな学校に入ればいいのか、どれくらいの学力が求められるのかを一緒に調べています。そして、将来の夢に近づけるような学校に行けるよう、サポートさせていただいています。
interview
カフェスタイル学習塾 POLARIS|ポラリス