カフェスタイル学習塾 POLARIS

数字だけで生徒のことを判断しないように

山下 芳樹コーチ 同志社大学 商学部 3回生

◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎◾︎◽︎

自分は、数字だけで生徒のことを判断するようなコーチにはなりたくないと考えています。自分は高校の時、一時期勉強をサボっていたにもかかわらず、たまたま模試で好成績を取ってしまったことがありました。その時、当時の先生から「山下は本当によく頑張ってる!これからもその調子で頑張りなさい」と言われたことがありました。その時、意外と先生って、成績のようなわかりやすい情報しか見ていないのかなと感じました。
「自分の成績しか見てくれていない」と生徒が感じると、やっぱり生徒はいい気分がしないと思いますし、生徒との信頼関係にヒビが入りかねません。そうならないように、コーチングの基本である「傾聴、質問、承認」を徹底して、生徒との信頼関係を築き、数字だけでなく生徒の勉強の様子まできちんと把握した上でコーチングしていきたいと考えています。

 

interview
カフェスタイル学習塾 POLARIS|ポラリス